外壁塗装しないとどうなる?この症状はほっておいても大丈夫かを判断

最終更新 : 2022.06.17

外壁塗装しないとどうなる?この症状はほっておいても大丈夫かを判断

知らないと怖い!外壁塗装しないとどうなるか

外壁塗装というと、本当に塗り替えが必要か?と疑問に思う人も多いでしょう。いろいろと勧められることはあっても、外壁塗装はかなりの金額がかかるので、容易に判断できないかもしれません。こうした情報不足では、外壁塗装が必要ないと判断しがちです。
しかし、外壁塗装は必要です。そのまま放置して塗り替えないと時間がたてば劣化し、機能を失っていきます。その結果、マイホームは甚大なダメージを受けるかもしれません
そこで外壁塗装の役割やどのような問題が発生するか、なぜ塗り替えるべきかを見ていきましょう。

外壁塗装の持つ役割

外壁塗装は、マイホームという建築物の中で、外部の刺激から守るというとても大きな役割を持っています。この役割は時間とともに機能が薄れていくことを知っておきましょう。

建築材の保護

建築物としての建物を見ると、最も外部にあるのが外壁塗装です。そこから内側へ壁材、構造材など建物としての中心的な部材に変わります。つまり、構造的に最も外面で建物を守る盾になるのが外壁塗装です。構造的に保護する役割であることから、さまざまな外的な刺激を受けるため、劣化しやすい環境にさらされます。

シンニッケンの内側から守る特殊な塗料はこちら

雨や害虫の侵入防止

外壁塗装を塗り替えしないと劣化が進み、雨が染み込んでくるだけではなく、隙間ができる可能性があります。わずかな隙間でも害虫が室内に入り込みやすくなるのです。
害虫には必ず侵入経路が存在します。外壁塗装の劣化が経路を作り、建物としての寿命を縮める結果になるでしょう。

景観の美化

空家を見てどう思うでしょうか。ボロボロだと思うのは、構造的な部分だけではないはずです。外壁塗装の劣化は、構造よりも先に目につきます。
外壁塗装が劣化すると、景観の美化が損なわれはじめ、やがて全体の印象になるでしょう。思っている以上にみすぼらしく感じることも出てきます。これは表面的なことだけではなく、構造的にも浸食されていくからです。

外壁塗装しないとどうなる?

外壁塗装はそのまま塗り替えしないと、さまざまトラブルが起こります。外壁塗装の役割とともにもう少し細かく見ていきましょう。

雨漏り

外壁塗装は風雨など外的刺激から構造部材を守ることが大事な役割です。特に雨の浸透は部材の劣化を招きます。雨漏りすると、その状況に杞憂するかもしれません。しかし、漏れるまでの過程で、見えない場所の部材の劣化を招きます。気が付いたときには、腐食して手が付けられないことも起こるのです。
雨漏りがわかったときには、もっと細かなところまで検査するつもりでいた方がいいでしょう。それほど深刻な問題です。

害虫の侵入

害虫の侵入は、生活環境を脅かす問題です。外壁塗装た劣化しただけでは、そんな影響はないだろうと思われるかもしれませんが、侵入する隙間だけではありません。
害虫の中には湿度を好む種類がたくさんいます。代表的なのはシロアリでしょう
木造の場合、外壁塗装の劣化により雨水が浸透しやすくなると、全体的な湿度が高まります。床下に水がたまるといったことにもつながるのです。こうした環境を好むシロアリは、どんどんと繁殖します。気がついたときには、手が付けられないと状況にもつながるのです。
害虫問題と外壁塗装は一見関係なさそうに見えますが、実は大きな原因になることも多いんです。

建物の寿命の低下

外壁塗装は、構造的な部材を守るための最初の盾になってくれます。マイホームの外を見ると、夏なら熱い気温、冬なら冷たい風も吹くでしょう。風雨もありますし、雪が降るときもあるはずです。これらの自然の力が直接影響を与えないよう、生活環境を守るとともに構造材の劣化を抑えてくれています。これが外壁塗装の必要性です
外壁塗装の劣化を放置した場合、湿度の侵入を許します。雨漏りがその代表的な例ですね。もともと建物は乾燥した状態を想定して作られている以上、湿度が上がれば耐久性が落ちるのです。害虫などの問題も重なり、建物の寿命は確実に低下します。外壁塗装をおろそかにするだけでこんなにもトラブルが起こりやすくなるんです。

隙間風と室内湿度

外壁塗装は、隙間を作らないためにも必要です。小さな隙間などなら、塗料で埋められます。外壁塗装が劣化すれば、外壁自体も劣化し、隙間もできるでしょう。この隙間から、外気が入ってきます。
外気は隙間風となり、部屋の中の空調に影響を与えます。湿度も高くなり、じめっとした状態になるのです。カビが生えやすい状況もつくり、衛生上の問題も引き起こします

外見の見栄えが悪くなる

外見など気にしないという人もいますが、あまりに見栄えが悪くなればお付き合いにも影響します。地域の人にとっては、治安にかかわる不安要素として映る可能性もあるのです。
ニューヨークの地下鉄では、落書きが当たり前のように行われていました。この落書きを消したことで、地下鉄の治安は驚くほど改善された話は有名です。
これは地域の治安でも変わりません。自分の家だからと思っていると、周辺の治安も悪くなるかもしれないのです。その懸念を周りに与えることにつながるので、不安要素として映り始めます。

施工数No.1のシンニッケンに無料で相談

外壁塗装しないほうが安上がりと思うトリック

外壁塗装はしないという人には、どこかに理由があるはずです。この理由をひも解いてみると、安上がりと思わせるトリックが見えてきます。

外壁塗装の費用と頻度

外壁塗装を塗り替えると、100万円前後かかるのは珍しくありませんが、重要なのは頻度です。
例えば毎年100万円かけるとなれば、大きな痛手になるのは間違いありません。ですが、頻繁に塗り替えるとしても、10年未満ということは塗料の進化によりほとんどなくなりました。施工精度にもかかわりますが、仮に10年に1回と仮定しても、1年間で10万円です。これが15年になれば、6万円ちょっとの計算になるでしょう。そこまで大きな負担ではないことがわかります。

建物の修理費

建物の修理費と比較する必要もあります。なぜならば、外壁塗装を塗り替えていないと、建物として構造的なダメージを負い始めるからです。
もしも、シロアリに侵入される事態になったら、最悪のケースは建物に住めなくなります。駆除のための費用は、外壁塗装以上に掛かることも珍しくありません。
構造的ダメージを負った場合、修繕費用は100万円では利かないことも出てきます。例えば雨漏りして、壁の修理が必要となれば、部材のほかにクロスなども修理が必要です。電気関係に影響を与える可能性もあるでしょう。工事によって一時的に住めないケースも出てきます。そうなれば、工事費100万円どころの騒ぎではなくなるのです。
外壁塗装しないことが、費用面でも危険性があることがわかりますね。

解体する予定がある

全く逆のパターンですが、解体するなら、外壁塗装はいりません。構造的にダメージを受けても問題ないからです。逆に費用投下しても取り返せるものがない以上、解体してしまった方がいいでしょう。外壁塗装の必要性が無くなるケースです。

劣化症状から見る外壁塗装の状態

外壁塗装の状況から、劣化の度合いを判断できます。この順番で劣化の進捗状況を考えてみてもいいでしょう。

色あせ・ツヤ引け

外壁塗装の色あせやつや落ちが第一段階です。経過観察段階であり、性質的には大きな影響はありません。緊急性はありませんが、塗り替えを頭に入れておくことが大切です。

汚れ・コケ

汚れもコケが付くのも初期段階で、そこまで大きな影響はありません。大事なことは、付着物をそのままにしないことです。これらの遺物が塗料を劣化させることにつながるので、必ず洗浄しておきましょう。

チョーキング

チョーキング現象は、手で外壁塗装を触ったときに、チョークのような白い粉が付くことから名づけられました。この状態で焦って外壁塗装をすべきというわけではありませんが、劣化が進んできていることを表しているので、そろそろ時期がやってきたと判断できます
チョーキング現象が出てきたら、無料診断を依頼するのもポイントです。シンニッケンでは、外壁塗装の無料診断を行っていますので、利用してみるといいでしょう。

クラック

この辺りから、外壁塗装の寿命が来ていると判断できます。クラックとは、ひびのことを表した言葉です。ひびが入ってくるのは、外壁塗料の劣化が影響しています。原因はさまざまありますが、劣化が進み雨水も染み込んでくるのです。
クラックも幅によって影響に違いがあります。ヘアクラックと呼ばれるレベルなら、そこまで気にする必要はありません。ところが、構造クラックと呼ばれるレベルになると、建物の構造にも影響するレベルです
期間的には10年程度経ってくると、クラックが入る状態になってきます

塗装のはがれ

塗装は樹脂でできています。クラックはひび割れですが、付着力も弱まりはがれてくる状態までくると、外壁塗料として深刻な状態に入るのです。
触っただけで、ぽろぽろと剥げ落ちてくる状態で、防水性は失われています。放置できる状態ではないので、できるだけ早い段階で塗り替えるべきでしょう
だいたい15年も経つと、剥がれ落ちてくる可能性があります。

雨水の侵入

雨水の侵入が始まると、構造物としての限界が訪れます。補修しなければならない状態で、放置はできません放置すると建物が劣化し崩壊する可能性があります。できるだけ早く塗り替えるだけではなく、構造的な補修も必要です。ここまで放置すべきではありません。外壁塗装の必要性もはっきりと実感できる段階になります。

外壁塗装の劣化は無料の診断から

外壁塗装の劣化は、時期から判断するだけではありません。本当に劣化しているかどうかの判断は、素人では簡単にできないでしょう。表面に現れず、内部に影響が出てきていることも考えられます。専門家の判断も必要になるのです。外壁塗装をしないと、予想以上に大きな痛手になるかもしれません。
シンニッケンは、無料で診断を行っています。外壁の状態をプロの視点で点検してみてから判断すればいいだけですので、うまく利用していきましょう。

施工数No.1のシンニッケンに無料で相談

プロの屋根外壁診断士が訪問し、ご自宅の状態を無料で診断いたします

お問い合わせ・ご相談

Contact